ハムスターとシンプル生活

ハムスター飼育とシンプル生活などについて書いています。

ハムスターが安心して暮らせるケージ内のレイアウトとは

ハムスターグッズを購入後、いざケージに置く際「どこに何を置いたらいいんだろう?」と迷いますよね。

ハムスターが安心して暮らすには、グッズのレイアウトはとても重要です。

このページでは、ケージ内のおすすめのレイアウトを紹介していきます。

ハムスターが安心して暮らせるケージ内のレイアウト

ケージの中にグッズをレイアウトしていくには、ハムスターの生態やグッズの使い方を知ることが大切です。

順番に紹介していきます。

f:id:pianobloom:20210517144615j:image

床材

 2~5㎝の厚さに敷いてあげます。

夏場は少し薄く冬場は厚めにしてあげます。

そうすると寒さをしのぐためにもぐることができます。

ケージ底に均一に敷いてあげるとよいそうですが、

うちのハムちゃんは、自分で床材を咥えて、壁側をこんもりと盛り上がるように巣作りをしています。

 

『一番高い所は10㎝はありそう』

 『春、寒い日があったからかなぁ。』

 

巣箱

野生のハムスターは、地面に穴を掘って土の中の巣穴で暮らしていました。

 

よって巣箱は、巣穴に近い状態の場所置いてあげると安心して過ごせます。

ケージ内では「ケージ奥の角」がリラックスできて良いでしょう。

 

 トイレ

ハムちゃんも、トイレ中は人に見られると落ち着かないようです。

ですからトイレは巣箱と反対側の奥の角」に置くのがおすすめです。

 

 

*巣箱の出入り口とトイレの出入り口が、向き合った状態にするのがおすすめです。

 

回し車

野生のハムスターは毎晩3~8㎞走ると言われています。

飼いハムちゃんは回し車でストレス発散、運動不足解消する場所。

周りのものにぶつからないような場所が良いです。

よってケージの真ん中あたりが良いでしょう。

 

*真ん中に置くと、回し車の後ろが「トンネル」として使えるのも利点です。

 

餌用のお皿

手前の角にお皿を置いてあげるとよいでしょう。

ケージの前側をハムちゃんと触れ合うスペースにしてあげると、ハムちゃんもストレスが少ないようですし、飼い主さんもお世話がしやすいです。

 

給水器

ハムスター専用の給水器を、「餌用のお皿」の近くに置いてあげましょう。

(お皿に水を入れて給水器の代わりにすると、水がこぼれて床材が濡れたり体が濡れたり、トラブルの元となります。)

 

*ケージの側面に貼り付けたり、上から吊り下げる給水器の場合は、ハムちゃんが飲みやすい高さにしてあげることが大切です。

うちのジャンガリアンの場合は、床材の上面から5㎝くらいの高さに飲み口がくるように設置しています。

 

ハムちゃんが手で持って飲めるくらいの高さが良いでしょう。

 

うちの給水器は、側面に吸盤で貼り付けるタイプですが、一度吸盤がはがれて落ちてしまいました。

『ハムちゃんがトイレから給水器に登ろうとしたと思われます。』

そこで、付属でついていた針金を使って、外側からフック(別売)に引っ掛けて補強しています。f:id:pianobloom:20210515181751j:image
f:id:pianobloom:20210515181754j:image
f:id:pianobloom:20210515181747j:image

 砂浴び場

ハムスターは砂浴びをすることで、体に着いた皮脂や害虫など汚れを落とします。

また砂浴びをするのは、ジャンガリアンとロボロフスキーハムスターくらいということも聞きます。

 

うちの場合は「砂浴び場」を入れるとかなり狭くなるのがネックでした。

 

そこでいろいろ調べてみると、

「トイレ」と「砂浴び場」をハムちゃんが使い分けられるわけでもないということが見えてきました。

「トイレ」「砂浴び場」両方で砂浴びもおしっこもする子もいるようです。

 

そしてそれでも健康上問題がないとのことでした。

 

そこで我が家は結局「砂浴び場」は起きませんでした。

様子を見ていましたが、「トイレ」で砂浴びもして問題なさそうです。

 

実際のケージレイアウト

実際にはこのレイアウトで全く問題なく飼育できています。

上から見ると↓

f:id:pianobloom:20210515181849j:image

前から見ると↓

f:id:pianobloom:20210515181902j:image

トイレの中に床材とかじり木が入っていますが、これはうちのハムちゃんが入れたものです。人間が入れてあげなくて良いです。

最後に

このページではケージのレイアウトについて書きました。

レイアウトの重要性、お伝えできたでしょうか?

 

ケージはハムスターにとって「なわばり」です。

飼っている途中からレイアウトを変えるとストレスになりますので、気をつけましょう。

また飼い主さんが観察しやすいことよりも、ハムちゃんが安心して暮らせることを優先して準備してあげましょう。

 

simple-hamster.com

 

 

simple-hamster.com