ハムスターとシンプル生活

ハムスター飼育とシンプル生活などについて書いています。

ハムスターケージの大掃除、短時間で簡単にできる方法とは

ハムスターのケージは定期的に大掃除をしてあげましょう。

このページでは短時間で簡単にできる大掃除の方法を紹介していきます。f:id:pianobloom:20210514234654j:image

   ハムスターケージの大掃除について

 ケージの大掃除をする理由

  • 雑菌やカビの繁殖を防ぐため
  • 匂い対策

 

大掃除をする頻度

乾燥した時期は1ヶ月に1回程度。

湿度が高い時期は1ヶ月に1~2回程度。

 

  • ケージの中の状態や天候に合わせて頻度を変えるとよいです。
  • 飼い始めは、1ヶ月経つまではしない方がいいでしょう。
  • 頻度が多くなりすぎると、ハムちゃんはストレスとなるので注意しましょう。

 

大掃除に適した天気・時間

  • 晴れて空気が乾燥している日
  • 昼から夕方にかけて、ハムちゃんが起きている時間。

 

ケージやグッズは、掃除後に乾燥させるのが重要。

そのため晴れた日の昼間~夕方がおススメです。

そしてびっくりさせないように、ハムちゃんが起きている時間にしましょう。

 

『うちのハムちゃんは、この時間帯に起きてくれないのが悩みの種です(汗)』

 

 

大掃除の手順

 

①使用していた床材(ひとつかみ)とトイレの砂(大匙1くらい)を取り出しておく

 

 

②待機用の入れ物(虫かごなど)にハムちゃんを入れて、スケールで体重測定をする

 

『慣れていない時期は、コップなどに手でそっと誘導しあげると移しやすいです』

 

③②に使っていた少しの床材を入れ、ひまわりの種1粒を入れたお皿を入れる

 

『ハムちゃん、しばらくここで待っててね・・・』

 

④グッズ(巣箱・回し車・給水器・餌用お皿・トイレ)を全て取り出し、掃除をする

 

ここから短時間で済ませるのに活躍するのが、

「小動物用 消臭・除菌スプレー」です。

 

[http://

:embed:cite]

 

  • .巣箱・・・スプレーをして屋外で乾燥
  • トイレ・・・砂を捨てる。水で洗い水分を切り、スプレーをして屋外で乾燥
  • 回し車・・・スプレーをしてキッチンペーパーで汚れをふき取り、乾燥
  • 餌用のお皿・・・水洗いをして屋外で乾燥
  • 給水器・・・ブラシなどで細い部分も水洗い、屋外で乾燥

 

⑤ケージの掃除

  • 床材を全て捨てる
  • キッチンペーパーにスプレーをして、ケージを拭く

水分が残らないように水分を拭き切ることがポイントです

 

⑥ケージに新しい床材を入れ、さらに①の古い床材を加え混ぜる

 

⑦トイレに新しい砂を入れ、①の古い砂も加え混ぜる

 

⑧乾燥させたグッズを、元の場所元の向きで置く。

 

⑨ハムちゃんをケージへ戻す。

 

注意すること

  • 使っていた床材トイレ砂の一部を残しておいて最後に入れてあげるのを忘れないように

 

ハムちゃんは自分の匂いがすることで、大掃除後のストレスが減ります。

 

  • なるべく短時間で終える

 

時間がかかるとハムちゃんも不安を感じます

 

  • 水分は雑菌増殖の元なので、掃除後は全て乾燥した状態にする

f:id:pianobloom:20210513133708j:image

まとめ

 ケージの大掃除が短時間で簡単にできる方法を紹介させて頂きました。
このほかに、中性洗剤や水で洗ってから日光に当てて乾燥させる方法でも、消臭・除菌ができます。
しかし天候に合わせてする大掃除は、私には大変でした。

「小動物用の消臭・除菌スプレー」を使うと、洗い場にケージを動かす手間が省け、時間が短縮できるので続けられます。

大掃除はハムちゃんにとっては巣を荒らすことになります。古い床材・トイレ砂を残して混ぜてあげるのを忘れないようにしましょう。

そしてなるべく短時間で終わらせてあげましょう。