ハムスターとシンプル生活

ハムスター飼育とシンプル生活などについて書いています。

購入前に知っておきたいハムスターの性格と飼い方・選び方

様々な種類のハムスターが売られていますが、種類によって少しずつ性格や飼い方が違ってきます。

見た目の可愛いさだけで選ぶと、ハムちゃんとの生活は、思い描いていたものとは違ってしまうこともあるでしょう。

ここでは性格や特徴、飼い方などから、ハムスターの選び方を紹介していきます。

ハムスターの性格と飼い方・選び方

 ハムスターとはどんな生き物?

ハムスターはキヌゲネズミ科の生き物です。

 

キヌゲネズミ科は

①ゴールデンハムスター属

②キヌゲネズミ属

③モンゴルキヌゲネズミ属

 

の3つに分類されています。

 

②と③は小型のハムスターで、ドワーフハムスターとも呼ばれます。

 

では、それぞれのハムスターについて紹介していきます。

 

①ゴールデンハムスター属

 ゴールデンハムスター はハムスターの中では大型です。

シリアやレバノンから来たので「シリアンハムスター」とも呼ばれます。

 

体重オス 85~130g メス95~150g

寿命2~3年

 

毛色の種類

f:id:pianobloom:20210612180134j:plain

ゴールデンハムスター:ノーマル

 

f:id:pianobloom:20210612180204j:plain

ゴールデンハムスター:キンクマ
ゴールデンハムスターを選ぶ際のポイント

・特に穏やかな性格で人に慣れやすいので、初心者にもおすすめです。

・飼っている人が多いので、飼い方など情報を多く入手できます。

 

・ケージは大きいサイズを選ぶ必要があります。

置き場所が確保できるか確認しましょう。

(ケージサイズ45㎝ × 60㎝ × 高さ30㎝以上と言われています。)

・体が大きいので、他よりエサ台がかかります。

・縄張り意識が高いので、複数飼いはできません。

 

②キヌゲネズミ属

こちらは3種類に分けられます。

 

1.ジャンガリアンハムスター

体重オス:35~45g メス30~40g

寿命2~2年半

 

毛色の種類

f:id:pianobloom:20210612180252j:plain

ジャンガリアンハムスター:ノーマル

・イエロー(プディングとも呼ばれる。)

・サファイヤブルー

・パールホワイト

・スノーホワイト

 

 ジャンガリアンハムスターを選ぶ際のポイント

・ケージはゴールデンハムスターより小さいサイズで飼えます。

(ケージサイズ30㎝ × 45㎝ × 高さ25㎝以上と言われています。)

・売られているケージの種類が多いので、様々なタイプから好みのケージを選ぶことができます。

・ドワーフハムスターの中では、一番おとなしく人にも慣れやすいので、初心者さんにもおすすめ。

・トイレを覚える確率が高い

・飼っている人が多いので、飼い方など情報を多く入手できます。

 

2.ロボロフスキーハムスター

体重オス・メスともに15~30g

寿命2~3年

 

f:id:pianobloom:20210612180324j:plain

ロボロフスキーハムスター
ロボロフスキーハムスターを選ぶ際のポイント

・世界最小のハムスター

・臆病なため、人に慣れにくいと言われています。

・手乗りにするのは難しいです。

・見て楽しみたい方にはおすすめです。

・複数飼いもできるハムスターです。

・すばしっこいので、広めのケージを用意してあげましょう。 

(ジャンガリアンハムスターと同じか、ゴールデンと同じ広さのケージを用意してあげましょう。)

 

3.キャンベルハムスター

体重オス:35~45g メス30~40g

寿命2~3年

 

f:id:pianobloom:20210612180402j:plain

キャンベルハムスター

気が強く、人に慣れにくいと言われています。

初心者にはあまりおすすめではありません。

 

③モンゴルキヌゲネズミ属

チャイニーズハムスター

体重オス:35~45g メス25~35g

寿命2~3年

 

チャイニーズハムスターを選ぶ際のポイント

・おとなしく人に慣れやすいと言われています。

・運動神経がいいので、脱走には注意しましょう。

・特に上下運動がハムスターの中では得意なので、ケージの蓋は必ずしましょう。

 

 オスとメスの性格の差

オスとメスのどちらを選んだ方が飼いやすいのでしょうか?

私なりの結論はオスメスの性格の違いというよりも、個体によっての性格の差の方が大きいのではという印象を持っています。

 

普通に飼うにはオスメスの性格の差は、あまり気にしなくて良さそうです。

 

ハムスターの選び方

①大型のケージを置く場所があり、人に慣れやすいハムスターを飼いたい方は

 

ゴールデンハムスターがおすすめ

 

②ケージは小さい方がよく、人に慣れやすいハムスターを飼いたい方は

 

ジャンガリアンハムスターがおすすめ

 

③手乗りは期待せず、複数飼いをしたい方は

 

ロボロフスキーがおすすめ

 

まとめ

今回はハムスターの性格や特徴、飼い方などから、選び方を紹介しました。

ハムスター、種類によって飼い方も随分と変わってきます。

購入の際にしっかりと知識をもってから選ぶようにすることが、後の飼い主さんとハムちゃんの幸せにつながると思います。

ネットでの情報も利点はたくさんあります。

しかしまずはハムちゃんの飼い方を網羅した本を手元に置いておくと、わからないことがあった時にサッと調べられて安心です。

[http://

:embed:cite]