ハムスターとシンプル生活

ハムスター飼育とシンプル生活などについて書いています。

ハムスター飼育は始めが大切。飼い方として初日に注意する点は?

ハムスターを飼うと決めたら押さえておきたい、飼い始め初日の注意点を紹介していきます。

 

 ハムスターの飼い方:初日の注意点

f:id:pianobloom:20210506142120j:image

 

購入先に向かう前の準備

購入後すぐにハムちゃんが住めるように、先にケージやグッズを準備してあげておきましょう。

 

ケージ・床材・回し車・給水着器・トイレ・エサ入れ・巣箱・かじり木。

 

購入する日に、床材やお水、トイレ砂は入れた状態にしておきます。

そうするとハムちゃんが来た直後に触らなくて済みます。

 

 購入するときの注意点

  • 購入先のペットショップの店内や、ケージが清潔かどうか見ておく

 

  • 育て方の相談に店員さんが乗ってくれるペットショップで購入する

 

  • 夕方に購入する

ハムスターは昼間は寝ていて、夕方頃から少しずつ活動をします。ですから夕方以降に購入しにいきましょう。

  • それまで食べていたペレットを購入して帰る

 

  • ハムちゃんが入っていたケージの床材をもらって帰る

ハムちゃんは環境が変わると、とてもストレスを感じてしまいます。

ストレスを減らすために、床材とペレットは忘れずに同じものを持って帰りましょう。

 

  • 購入前に健康状態のチェックをする

 

  1. 動き方
  2. お尻が濡れていないか
  3. 毛ツヤ
  4.      など

 

店員さんと一緒にチェックしましょう。

 

購入後の注意点

 

お家に連れて帰る時
  • お店でハムスターを購入したら、すぐに家に連れて帰ってあげる

ハムスターはとても不安を感じているはずです。

寄り道せずになるべく揺れないように、車ですぐに帰ってあげます。

 

お家に着いた後
  • 無理やりケージに移さない

ケージに移すとき、円柱の入れ物(コップとか)にそっと入ってもらって移すとよいです。

そしてお店でもらってきた床材をケージに撒いて、慣れた匂いで安心させてあげます。

 

  • ハムちゃんを見るのは我慢する

見たくて仕方ないですが、見ないようにしてそっとしてあげます。

  • ご飯の時間が来たら、買ってきたペレットを餌入れにいれる

f:id:pianobloom:20210506142120j:image

 

最後に

ハムスターはとても繊細な生き物です。

ハムスターのペースを優先してあげながら、新しい環境に慣れるのを待ってあげることが大切です。

初日~1週間はハムスターを見ない。触れないようにしましょう。

 

お店では生後3週間くらいから販売を開始していましたが、生後1~2ヶ月くらいのハムスターを購入すると飼いやすいと聞きます。

 またお店でペット保険の紹介がありましたが、私は入りませんでした。

ハムスターを購入した日しか入れないとのことで、1年間だと14000円くらいでした。

入った方がよいかどうかは飼い主さんの考えによるとは思います。

 

ハムスターお迎え2日目~1週間の飼育方法については、こちらを参照ください↓

 

 

simple-hamster.com